ヨシケン工場内
いい家を創るためのヨシケン心臓部をご案内します。

社員大工の休憩室です。通称「いっぷく場」です。
ここで毎朝ミーティングが行われてから工場内・
現場での作業が始まります。
会社構内表側の全景です。左は車庫・
資材置き場正面奥は工場(造作材加工棟)
で右は事務所になります。
工場内(梁加工棟)ここでは構造材のうち、
屋根を支える丸太梁を加工します。
写っているのは実は弊社の会長です。
忙しい時は自ら出陣します。(まだまだ若い!)
工場内(構造材加工棟)棟梁がプロの目で木の
くせや、適材適所を判断して墨付けをして
いきます。単なるプレカットではできない、
ヨシケンの品質がここに生まれます。
工場内(造作材加工棟)ここでは自動カンナなどが
置いてあり、主に内部造作材の寸法決め
などの加工をします。
会社構内裏手にあるハゼ場。
木材乾燥の為、通風を考慮した材料置き場です。

 

ヨシケンの家ができるまで(S邸の事例)

工事着手前に地鎮祭を行います。 基礎工事開始〜根堀りの様子です。 砕石を敷き込み、ランマー締めを行います。
セメントの土台部分にベース下防湿シート
を敷きます。
しっかりした鉄筋の配筋をご覧下さい。 鉄筋の拡大図です。
基礎型枠工事開始です。 一体打ちの為、ベース部、
立ち上がり部の型枠を浮かします。
一体打ちベタ基礎の完成です。
これから土台を敷きます。 長期気密保持の為のパッキンと、防湿の
役割を果たす気密シートを取り付けます。
ヒバの土台が完成しました。
家の骨組みが出来上がった様子です。 土台と柱を結ぶプレート金物と基礎から柱を
止めるホールダウン金物。
地震に強い家を作ります。
地震・火災・シロアリに強いダイライト施工
を行います。
次世代高断熱材ネオマフォームを利用した
外断熱の様子です。
屋根断熱の様子。
二重垂木で強度UPと屋根通気を確保します。
サッシと外壁通気下地施工の様子です。
床下構造プラ束が床下を支えます。 基礎内の外周1mに難燃性ウレタンを吹き付け
ます。
隙間はウレタン等で処理します。
これにより機密性が向上します。
2階サッシ取付気密施工状況です。 気密測定をしているところです。 相当隙間面積0.4平方cm/平方mで、北海道
の次世代気密レベルの5倍と優秀な結果です。
外壁施工でしっかりと通気を確保します。 内装の施工状況です。 ボードはハイクリーンボードでホルムアルデヒド
対策が施されています。
全館換気システムの上部ダクトです。 無垢材で階段を施工、シート張りではないので
長持ちします。
スジカイの様子です。
壁紙の糊は、もちろん健康住宅対応品です。 その糊を使って壁紙を貼ります。 ついに完成! 外観南西部です。
   
外観南東部です。    

このようにたくさんのプロセスを経て、1軒の家が完成します。


(C)2017 吉田建設株式会社